布施 美怜 について

布施美怜
株式会社 迦音 代表取締役
須弥塾 代表
布施 美怜 Mirei Fuse


ワンネスヨガ 主宰運営
神秘家、僧侶、臨床心理研究家、スピリチュアル心理カウンセラー、催眠療法家、ストーンセラピスト、アニマルセラピスト、ヨガ伝道者、コンサルタント

神道、仏教に携わる家系のもとに生まれる。神道、仏教に通ずる家系ではあるが、神秘家である祖母の先見により、カトリック洗礼を受ける。 物心ついた幼少より、自分の意志、意識とは関係なく、体外離脱.霊障を日常に体験し、目に見えない世界が確実に存在することを体感する。心身共にエネルギーが奪われ、体調不良など影響を受け、生きることにエネルギーを注ぎながら過ごし幼少時代を過ごす。
しかし、この経験で五感と感性を鍛えながら、霊能力に優れた祖母のもと、西洋東洋神秘主義、アカシックレコード、心理学、哲学、宗教学、古代叡智、唯識学についての学びに研鑽をつむ。
宇宙の法則、「氣」の扱い方、空間の清め方、マイナスエネルギーを本来の状態に戻す事、プラスエネルギーを空間や体内に取り入れていく技法や智慧を教わり、徐々に体得するようになる。
数多くの神秘体験、ワンネス体験をし、スピリチュアリズムの重要さを実感し、宗教を超えた神仏への探究をし、能力も確実なものにしていく。

人間と世界への興味から、航空会社へ入社。客室乗務員として世界中を旅し、多種多様な国々、人々、文化、宗教に触れ、宇宙のエネルギー、コミュニケーションの奥深さ、人間の持つ成長の可能性の無限さに魅了される。
労働過多、不規則なスケジュールによる生活により一時体調不良の時期を過ごす。当時ラマナ・マハルシの本を手にしたことを機に眠っていたスピリチュアリティ次元を超えたヨガスピリットへの希求が再度目覚めた。以降ヨガの実践に勤しむ。
外資系メゾンにて、さらに、「人を視る」センスを磨く。スピリチュアル領域のみならず経営コンサルティング、コーチング、など幅広い知識や経験、技術を修得。その期間中にも世界中のスピリチュアリストから、その第六感と霊能力について度々指摘され、利他のために能力を使い、貢献するようと導かれる。自身の存在意義、使命を明確なものとする。

以降、2009年からは、年齢層問わず女性を中心に、学生、主婦、会社員、企業経営者、リーダー層、著名人まで、多くの方のカウンセリング、セラピー、ワークを提供。2012年 株式会社 迦音を創立。
10年に渡る活動の中で、ご神縁により世界中のマスターを師事とし、古今東西の叡智をもとに宇宙意識開発の修行研鑽を継続。携わるクライアントの現実に、目に見える確実な変容を起こす継続型ワークショップ、合宿型リトリート、コーチング、セラピー、セッションを全国各地(京都、東京、伊勢、熊野、宮島、出雲、霧島、高千穂)で実施。特に非常に具体的かつ現実的なメッセージを伝えるセッションは、わかりやすいメッセージでその人の意識の解放と現実を変容させ、国籍、性別を超えて老若男女からの信頼も厚く、新規クライアントは、ご紹介によるご縁がほとんどである。

人間のもつ叡智と直観力能力を開発し、各々の創造する曼荼羅の世界を具現化させていくため、初心者からセラピストまで幅広く指導している。その集大成として、美怜独自のメソッドをベースとし、人間の霊的成長にフォーカスした学び場として、2019年 須弥塾を創立。


ご挨拶

イメージ画像

ここ数年、多種多様なスピリチュアル系の情報が広まり、情報過多な時代です。宇宙、霊界の仕組み、チャネリング、エンジェル、過去世、パワースポットめぐり、悟りや瞑想、あるがまま思想など様々です。今、スピリチュアルという言葉の真髄「精神的、霊的な」という意味からかけ離れ、曖昧模糊とした言葉や、怪しいというイメージを持たれる現状があるのは事実です。その要因は、スピリチュアルというものへの独自の解釈が使いまわしされ、時に便利に利用され、曖昧な言葉や表現で世に出てきすぎたことに在ります。特に苦難の中に在る人は、闇雲にスピリチュアル的な情報に接していきさらに自己流になり、ますます概念化された現実に拍車をかけ、「理」から離別していくことへの危惧を感じえずにはいられません。
こういった状況に陥らないためにも、まずは自分自身を探究すること、心身魂の仕組みを理解することこそが、覚醒への道の前にすべきことです。
迦音が定義するスピリチュアルな学びとは、古今東西の古代の叡智、マスターの意図、経典聖典を基盤として、また最新の学術の学びも取り入れ、スピリチュアルへの正しい理解を導くことにあります。覚醒への道とは、悩みや葛藤のなかを闇雲に歩むものではなく、霊的学びを通じて晴らしながら、踏み台として概念化された幻想の世界から目覚めていく魂の浄化プロセスです。これは、人類共通の学びなのです。
今、地球は全体性へと回帰する方向へと移行しています。変容のプロセスの渦中にあり、人類は、今までの物の見方、捉え方、在り方を見直す時期に来ています。中には、自己価値を感じず、孤独感、墜落感すら覚える人も出てくるでしょう。人類の魂意識と肉体意識が統合されつつある今、思考は速やかに現実化しやすくなっています。各々が「本来のあるべき姿」に戻る時なのです。
そこで世界的にフォーカスされていくのは、日本です。ここ日本という土地は「霊(ひ)の元つ国」です。つまり神が万象の霊的原像を造りだした、無から有を生み出すわざの元となった土地とも言われています。 たとえば日本特有のもののひとつ、神道ですが、神道というのはもともと信仰ではありません。神道には教典がありませんが、その対象は「自然」です。自然をもって教典とする生命の信仰なのです。本来、日本人の生活、知恵をさして神道と言っていました。その特色の一つに、共生ということが挙げられます。日本人はすべてのものと共生するという見事な、共に生きるという考えを持っていたのです。これは世界でもまれなことです。
今、地球の環境破壊、大気汚染を何とかしようと躍起になってやっていますが、それは外国のものの考え方では決して解決しません。人間の知恵で自然を回復させようとしても、それでは永久に自然は回復しません。共生という考え方が根底になければ本当の自然は回復しないのです。自然と共に生き、人間の力で自然を回復するのではなく、自然を生かしながら、同時に人間を生かす共生という考えなくして、一歩も進むことはできません。

今すでに新しい時代は幕を開いています。人類は、ワンネス意識、統合意識が高まっていきます。分離の世界に傷つき、疲れ、さらにワンネスの世界へ傾倒していきます。日本古来の森羅万象が無限の神(=私)の身体の一部でもあるという素晴らしい叡智を、今こそ見直すことが必要なのではないでしょうか。迦音は、日本という世界的に影響力のあるこの場所で、長い歴史の中で引き継がれてきた日本特有のスピリチュアリズム=日本式スピリチュアリズムを基盤に、皆様のエネルギーが最大限発揮されるようにサポートします。

すべては内側からやってきます。自分の魂がこの上なく美しいことをどうぞ信じてください。その美しい光は決して失われてはいないことを。そしてこの地球に、必要な光であることを。 私たちは、この地球で自由に創造し、それを存分に楽しむために、自己の成長の為に来たのです。決して苦しむためではありません。私たちは希望に満ちて、この地球に来たのです。 この地球に生まれてきてよかったと、心から思えるように目覚めた意識で人生をクリエイトしていきましょう。アセンションの旅は、この美しい地球(ガイア)とともに旅していくのです。 ご神縁のもと、ここへ導かれたあなたにとって、迦音の存在がよきサポーターとなりますように。
目に見えるもの、見えないもの、多面的に捉え、自らの中の良心、内在神こそが真のグルであることに気づき、心身魂の真の解放と拡大をし、最良のあなたが顕現されますように、衷心よりご祈念申し上げます。
布施美玲

イメージ画像

Copyright © Kanon All Rights Reserved.s